So-net無料ブログ作成


ようこそ、 淡路島 へ。

メジャーな スポット はありませんが、

そこそこ面白いところです。[わーい(嬉しい顔)]

トップページ

最新の記事は、こちら。

橋を渡ると、そこは...。No2

   


海上釣堀じゃのひれフィッシングパーク~淡路島~ [釣堀&海釣り公園]

淡路島の南部、福良湾にある 
海上釣堀じゃのひれフィッシングパーク。
島外からのお客さんが多いようです。
地図 海上釣堀 じゃのひれフィッシングパーク
  







時々、サンテレビ(神戸・UHF)の釣り番組(関西のみ)で
紹介されてますね。



国道28号線 南淡町公民館前交差点 ストリートビューでみる
じゃのひれオートキャンプ場1.png
右に曲ります。
直進すると 道の駅福良 。


【 関連記事 】
記事 道の駅福良
http://hasio-wataruto2.blog.so-net.ne.jp/2013-10-11



県道25号線 ストリートビューでみる
じゃのひれオートキャンプ場2.png
淡路島海上ホテルさんです。


【 関連記事 】
記事 淡路島海上ホテル
http://hasio-wataruto.blog.so-net.ne.jp/2010-01-11


ホテルを過ぎると
海沿いを走ります。


県道25号線 ストリートビューでみる
県道25号線.jpg
福良湾です。
正面は、 休暇村南淡路 。
その右に 南淡路ロイヤルホテル 。
写真左端にある 三角の小島 は、
煙島 。


【 関連記事 】
記事 休暇村南淡路
http://hasio-wataruto.blog.so-net.ne.jp/2009-07-15
記事 煙島
http://hasio-wataruto.blog.so-net.ne.jp/2012-03-07-1


伊丹産業さん を通り過ぎると
上り坂。
くねくね道です。


県道25号線 ストリートビューでみる
じゃのひれオートキャンプ場3.png


県道25号線 ヘアピンカーブから 福良湾



坂道を登ると
丁字三叉路、右折します。


しばらくすると、
今度はY字三叉路。


県道25号線 ストリートビューで見る
じゃのひれオートキャンプ場4.png
右へ進みます。
阿万(あま)地区は直進です。 (県道25号線)


じゃのひれオートキャンプ場01.JPG


50mほど走ると・・・。


ストリートビューで見る
じゃのひれオートキャンプ場02.JPG
右へ進みます。
直進すると ホテルニューアワジプラザ淡路島 ・
南淡海釣り公園 。


【 関連記事 】
記事 ホテルニューアワジプラザ淡路島
http://hasio-wataruto.blog.so-net.ne.jp/2009-07-22
記事 南淡海釣り公園
http://hasio-wataruto.blog.so-net.ne.jp/2010-05-16



右に曲ると、
今度は下り坂。

じゃのひれオートキャンプ場04.JPG
海に向かって下りていきます。

正面は、福良湾 と 福良地区。
ここからは、1.5車線。

地図
じゃのひれオートキャンプ場05.JPG
左にカーブします。
直進し、すぐヘアピンカーブを下っていくと(細い道)、
潮干狩りが出来ます。


【 関連記事 】
記事 福良湾(じゃのひれ海岸)で潮干狩り
http://hasio-wataruto.blog.so-net.ne.jp/2012-04-26



じゃのひれフィッシングパーク が見えてきました。



じゃのひれオートキャンプ場06.JPG
写真右上に 大鳴門橋 が見えます。

写真左側には、 
じゃのひれオートキャンプ場があります。


大鳴門橋 と 鳴門海峡
じゃのひれオートキャンプ場23.JPG
 


上の写真右
じゃのひれオートキャンプ場07.JPG
福良湾です。
丘の上は、 休暇村南淡路。 
その下に オートキャンプ場 があります。


【 関連記事 】
記事 休暇村南淡路シーサイドオートキャンプ場
http://hasio-wataruto.blog.so-net.ne.jp/2008-06-17



海上釣堀じゃのひれフィッシングパーク 到着です。



海上釣堀じゃのひれフィッシングパーク
じゃのひれオートキャンプ場22.JPG


じゃのひれオートキャンプ場20.JPG
写真左に、
じゃのひれオートキャンプ場受付。

海上釣堀じゃのひれフィッシングパーク は、
写真右へ。


上の写真を進むと・・・、



じゃのひれオートキャンプ場08.JPG
小波止があります。(地図


海上釣堀じゃのひれフィッシングパークができるまでは、
この小波止で、釣りを楽しんでました。


サビキで結構よく釣れてましたよ。
現在ここで釣りが出来るかどうかは、わかりません。



上の写真右
じゃのひれオートキャンプ場10.JPG


上の写真右
じゃのひれオートキャンプ場09.JPG
海上釣堀じゃのひれフィッシングパーク 全景。

写真右に、じゃのひれオートキャンプ場があります。



小波止から西方向
じゃのひれオートキャンプ場11.JPG








休暇村南淡路 から 福良湾
福良湾
写真中央から右が、 
海上釣堀じゃのひれフィッシングパーク。
その後方に、 じゃのひれオートキャンプ場。

写真中央やや左の青い建物の左側で、潮干狩りができます。



眼の前にいる魚を釣る気になれないし、
ちょっと料金も高そうだし・・・。

たぶん、これからも行かないでしょうね。


小波止で、サビキをするほうがいいかな。



この後、横にある
オートキャンプ場を見てみます。


記事 じゃのひれオートキャンプ場
http://hasio-wataruto.blog.so-net.ne.jp/2010-02-12











[家] 福良湾の宿 【じゃらんnet】

 ホテルニューアワジ プラザ淡路島  


地図
鳴門海峡を一望できる
眺めがめちゃめちゃいい宿です。



 南淡路ロイヤルホテル   


地図



 淡路島 海上ホテル


地図





[家] 淡路島で釣りが出来る宿 【じゃらんnet】
 淡路島観光ホテル   地図
   ここの目玉は、 リニューアルされた プライベート釣り場。 磯釣りも出来ますよ。
   釣り好きな方は、一度宿泊される価値があります。
   この付近は、魚影が濃そうです。
     ◎ Googleマップ ストリートビュー  淡路島観光ホテル

フィッシングホテル
プライベート釣り場



 淡路島のホテル・宿泊施設
 







【 関連記事 】

・ サイトマップ 淡路島の釣りポイント

・ サイトマップ 淡路島の宿









・ 橋を渡ると、そこは・・・。 No1
   http://hasio-wataruto.blog.so-net.ne.jp/
・ 橋を渡ると、そこは・・・。 No2
   http://hasio-wataruto2.blog.so-net.ne.jp/
・ 橋を渡ると、そこは・・・。 淡路島の道 【車載動画】
   http://awaji-island-road.blog.so-net.ne.jp/







にほんブログ村 旅行ブログ 近畿旅行へ にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへ    ブログランキング・にほんブログ村へ

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0






[家] 淡路島で人気の宿 宿泊予約

 ウェスティンホテル淡路   地図  ¥8,500~/人
   
   花壇を中心とした無料公園 淡路夢舞台 にあります。
   
   ベッカムが宿泊した宿で知られています。
   隣接する 国営明石海峡公園 は、4月になるとチューリップ畑が
   広がります。
   
   
   

 ホテルニューアワジ    地図   ¥15,750~/人
   洲本温泉にある、淡路島最大の旅館。
   3つの大浴場が魅力で、大阪湾から昇る朝日を眺めながら
   温泉に浸かりましょう。







[家] 淡路島 魚料理が自慢の宿  宿泊予約 【じゃらんnet】
 淡路島うずしお温泉 うめ丸   
   南淡路、阿那賀丸山地区にある宿。
   鯛料理が自慢の宿。地元でも人気です。

 活魚料理旅館 若潮   
   南淡路、阿那賀丸山地区にある宿。
   すぐ前が阿那賀漁港です。
 こだわりの宿 やぶ萬   
   南淡路、福良湾にある旅館。
   鯛麺で知られ、観潮船乗り場(渦潮)もすぐそば。

 民宿 はぎわら   
   洲本市由良漁港そばにある民宿。
   由良漁港に水揚げされた新鮮な魚料理が自慢。



[晴れ] 釣りが出来る宿 【じゃらんnet】
 フィッシングホテル 淡路島観光ホテル   地図
宿泊予約 【じゃらんnet】

淡路島で釣りが出来る宿といえば、ここ。
本格派 から 初心者 まで楽しめる釣り場があります。
魚影が、とても濃いようです。
 釣堀ではないので、ボウズもありますよ。



[飛行機] JALPAK 国内ツアー  
   

【 JALで行く国内旅行 】

・ 沖縄旅行 おすすめツアー


・ 北海道旅行 おすすめツアー


・ 九州旅行 おすすめツアー


・ JAL行くハウステンボスへの旅